洋服などの模様と色無地の人気のひみつ

衣食住は人間が生きる上でいつの時代も必需品として慕われてきました。どの分野においてもシンプルさは求められます。今回は洋服に関してなぜ色無地は根強い人気を獲得し続けられるのかについて話していきます。服の合わせ方は難しいです。自由だからこそという部分はありますが、一般的に認められやすい服装、そうでない服装という定義は存在しています。例えばモデルさんの着こなしをみてどう思うかです。雑誌の表紙はインパクトが必要です。だから奇抜なファッションに身を包んだモデルが載っていることが多いかと思われますが、雑誌の中身に載っているモデル達が着こなしている服の色はいたってシンプルで、色無地が多く使われています。柄の入った服がダメなわけではありません。ですが、柄の入った服は柄でそのキャラクターを決めてしまいがちなため、その他アクセサリー類が合わしにくい、着こなしにくいイコール一般的に売れないと判断されます。

色無地はいろいろなシーンで使えます

今の人は着物を着ることがあるでしょうか。葬式は喪服で洋服ですし、子供の入学式もスーツのような洋服を着ている人を見ました。着物姿の人を見たのはいつだったか、忘れかけているほど見ていません。着物は正装や礼装で着るというイメージがありますが、実際、正装や礼装の着物もあり、その他に訪問着やカジュアルで着る着物もあります。色無地と呼ばれる着物は、地紋のないものはいろいろなシーンで使える便利な着物です。地紋のほかに門というものもあり、紋の入っていなかったら普段着として使えるのですが、紋の数によって格が高くなっていきます。今では日常生活では洋服があたりまえになっていますが、洋服の前は日本の民族服として着物ばかりでした。今でも着物を知らない日本人はいませんから、着物は少なくなっても正装や礼装として、街着や浴衣、カジュアル着としても残っていくのかもしれません。

色無地はとても重宝する着物です

着物には色々な種類がありますが、色無地はとても重宝します。しかし、これにも様々な種類があるのできちんと理解しておかなくてはいけません。一色染めのシンプルな色無地は、結構格が高いです。染め抜き日向五つ紋の留袖に次ぐ礼装になります。格式ある結婚式やあらたまった式典などに着ていくことができます。また、一つ紋や三つ紋は準礼装です。子供の入学式や卒業式、友人や知人の披露宴、お茶会などに着ていきましょう。また、着物を着るときは小物もとても重要です。着物がどれだけ良くても、小物のチョイスがまずければ全て台無しになってしまいます。また、帯留めや帯揚げと着物の格が合っていないと言うのも避けなければいけません。かと言って、無難なもので揃えてしまうのも面白味がないです。装いのマナーはしっかり守りつつ、遊び心も取り入れるようにしましょう。