色無地の着物を購入する際の注意点

現在着物の需要が増えており、紋や柄がついていない色無地の着物を購入する人もいます。その際次のようなポイントについて注意しておかないと、様々なデメリットが発生することがあります。まず挙げられるのが生地です。紋や柄がついていないため、良くない生地などで作成された着物は非常に安っぽく見えてしまいます。そんな事態を避けるためにも、ある程度高級な生地で作られた色無地を購入することが重要です。次に挙げられるのが価格に関する点で、様々な着物業者によって同じ生地同じ色無地であっても価格が大きく変わります。また最近ではインターネットサイトなどで安価な価格で購入できることもあるため、自身の予算に合ったところで購入するのも一つの手です。ただしインターネットサイトの場合、しっかり自分に合ったものを購入するのが難しいことがあります。上記のポイントに注意し、購入を検討されることをお勧めします。

色無地と小紋のことを知っておこう

地紋のある色無地は、慶弔で使い分けましょう。慶事には吉祥文様などの地紋を選びます。縁起が良いと言われているからです。菊花や雲取りは慶弔両用なので汎用性が高いと言えますが、色喪服になります。ですから、結婚式に着ていくのはNGと言うわけではありませんが、あまりふさわしくないと言えるでしょう。着ていかないのが無難です。また、帯合わせ次第でフォーマル度が変わると言うことも頭に入れておかないといけません。帯のチョイスには気を配るようにしましょう。また、着物は色無地だけではありません。気軽に切ることができる着物もあります。中でも、小紋はカジュアル着物として、ここ最近若い人から注目されるようになってきました。若い人の着物離れを食い止めるかどうかは、小紋にかかっているとも言われています。小紋にも目を向けてみましょう。

古い色無地を染め替えて新しい着物に

着物の染め替えとは、古い和服を一旦解いて反物に戻した状態で違う色に染め直し、もう一度仕立て直しをして新しく甦らせる方法です。柄の入った着物でも染め替えは可能ですが、一番染め替えがやりやすく、かつ効果が高いのが色無地の染め替えでしょう。染め替えを行なう代金も、訪問着などの柄物に比べて比較的安価に行なえます。誰でも1枚は持っている色無地ですが、年齢を重ねるごとに段々と昔の色合いがお顔に映らなくなってきます。帯を変えることによって多少の印象は変化するものの、ひとつの色が全体で統一している無地の着物は、一旦顔色に合わない色合いになってしまうと、なかなか袖を通しづらくなります。そこで染め替えを行なうことによって、新しい色合いに生まれ変わらせるというのは良い手段です。染め替えは元の色よりも濃い色合いになりますので、弔事にも使えるような色合いに染め替えることで、また新たな用途にも利用できます。