1枚は持つ価値がある着物、色無地

色無地は黒以外の一色で白生地を染めた着物です。織りは見てわかりますが、柄は入っていません。ちょっとしたお出かけ用としても、派手な色でなければ弔事の際にも着用することができます。もともと柄がある着物は、着用するときには時と場合を考慮しなければなりません。しかし色無地なら他の着物に比べると幅広く着ることができるので、着物が好きな人がもちろん、そうではなくても1度は着てみたいという人は1枚持つ価値がある着物といえるようです。若い人があまり地味な色の着物を着るのは、場合によっては不自然な感じにもなってしまいますが、派手すぎることも、地味すぎることもないような色合いを考えて選べば、色無地は品格と華やかさを兼ね備えた着物ともいうことができます。紋を付けない場合は普段着感覚で着用できます。一つ紋は略礼装となり、三つ紋は訪問着よりも格が上になるといわれています。現在は一つ紋をつける場合が多いようです。

色無地の着物のいいところはなにか

色無地の着物の中に黒以外で一色に染められたもので地織りがあります。これには柄はついていません。卒業式に袴と合わせたり、お宮参りやお茶の席など他の着物と比べると幅広く着ることができるので1枚もっていれば重宝します。お茶やお花など和のお稽古ごとをされている方は、この着物を頻繁に着ている方が多いです。若い方があまり地味な色合いの着物を着ているのも不自然に感じるときがあります。派手にならずに上品に自分に合う色を着こなしたいです。紋なしの着物でカジュアルな感じに装う帯は、カジュアルな半幅帯や、名古屋帯が合います。軽すぎず、少し箔が入ったものが合います。格調高く装う時は、金銀糸の入った格の高い名古屋帯がとても美しくみえます。お茶会などの帯は、格の高い織り名古屋からおとなしい袋帯まで合わせます。古典的な柄付けで、上品なものが好まれます。

着物の色無地の購入方法を教えます

着物は昔からみんなに愛されてきた服装で、昔は着物で生活するのが当たり前でした。今は洋服が主流になり、着物を着る人は少なくなりました。しかし、花火大会や、成人式、結婚式などのときは着る方も多く華やかな柄が特徴的です。そんな着物に色無地というものもあります。その名の通り色無地は無地の着物のことです。柄がないので、きっちりとした品のある装いに見えます。そんな着物をどこで手に入れればいいのかというとインターネット通販がおすすめです。いろいろな色のものがあり、帯との相性やあわせ方も併せて掲載してあるのでとても助かります。いろんな場面で使うことができる着物なので明るい色、暗い色を一着ずつ持っていると購入しておけば訪問着にもなるし、行事にも利用することができるので便利です。是非興味がある方はチェックしてみてください。